転職エージェント裏事情

女性が転職で成功するために大切な3つのポイント

女性の社会進出が進んできていますが、女性にとっての転職は男性よりも難しいと言わざるを得ません。

 

女性特有の避けられない論点として、妊娠・出産というものがありますし、以前からある偏見も残っているでしょう。また、結婚をきっかけに退職してしまう女性がかなり多いのは事実で、企業側は必ずと言って良いほどこれらの点を懸念しています。

 

したがって、女性の皆さんが転職活動時をするときには以下の点に気をつけて臨むと良いでしょう。

 

妊娠・出産しても仕事をやめないと言い切る

妊娠してもあくまでも仕事をやめるつもりはないと意思を、応募企業へしっかりと伝えましょう。すぐに辞めそうな人を企業は採用しませんので、やめる意思が無いことをキチンと伝えましょう。状況が変わって退職せざるを得なくなった場合には、その状況の変化をキチンと会社へ伝えれば良い話です。

 

女性への配慮・サポート体制が整っている会社を選ぶ

女性への配慮・サポート体制が体制が整っている会社を選んだ方が働きやすいに決まっています。しかし、日本全体の流れからいうと、女性の社会進出を応援するような流れになってはいますが、そのためのサポート体制が整っている会社はまだそれほど多くありません。
ただし、面接時に話す志望動機は「女性へのサポート体制が整っている」ということは言わない方が無難です。あくまで、自身のキャリアアップ等を理由とした方が面接官への心象は良いものです。

 

これまでの実績・成果の伝え方を工夫する

男性に比べ、女性は体力面で劣るの事実ですが、女性ならではという点で気配りや配慮は男性よりも遥かに勝ると思います。現職で特筆すべき実績や成果がある方はそれで良いと思いますが、そうでない方はそれを踏まえて伝え方を工夫すると良いのです。
例えば、職場の環境改善を率先して進めたことで社員のモチベーションアップに繋げた、などということでしょうか。男性ばかりの職場に女性が一人入るだけで劇的に職場環境が改善したなんて話はよく聞きますし、そうした効果も企業にとっては求められている場合が多いものです。