転職エージェント裏事情

転職エージェントおすすめランキング

転職時期未定。転職エージェントに登録するタイミングはいつ?

転職エージェント 登録 タイミング

 

転職をしたいけれども、まだ就業中だし上司への相談もしていないので活動し出すのが不安といった方や、仕事のタイミングがまだはっきりしていないため動きにくいという方もいらっしゃると思います。

 

一般的に転職準備にかかる期間などを考えると、自分自身がなかなか身動き取れない場合は転職エージェントを利用することで離職期間を空けることなく転職することが可能です。

 

そこで、転職時期未定でも転職エージェントに登録する“メリット”をまとめました。

転職エージェントに登録するタイミングは“いま”がいい理由

一般的に転職活動期間というのは1~3ヶ月という方が多いとのことです。これは①情報収集、②応募、③面接、④内定まで全ての工程を想定した、転職活動に費やす期間になります。

 

転職時期が未定の場合ですと、就業中のため、まず情報収集の時間自体を確保することが難しいようです。そのため、例えば面接の日程を決めるやり取りもスムーズには行いにくいですし、面接はどうしても平日に行われることが多く、予定の調整がつきにくいなど問題を挙げればキリがありません。

 

転職活動において最も重要な要因は何と言っても「情報」です。しかし、希望の企業がタイミングよく求人をしているとは限りませんし、非公開求人の可能性も当然あります。

 

一期一会という言葉があるように、転職の意志を決めたら少しでも早く転職エージェントに登録し、じっくり求人情報の収集をするのがおすすめの裏技です。

 

転職エージェントはあなたが「転職の意思がなくなった」という意思表示をしない限り、希望条件に合った求人を紹介をしてくれます。より好条件の求人があるかもしれません。それによって転職のタイミングを決める人もいると思います。

 

だから、転職エージェントに登録するタイミングは“いま”なのです。

 

利用者満足度が高い転職エージェントTOP5

転職エージェントに登録完了!その後は?

転職エージェント登録時に、「在職中であること」「転職時期が未定であること」をきちんと伝えるようにしましょう。そうすれば、転職エージェントから企業へすぐに就職できない旨を伝えてくれた上での求人紹介をしてくれます。

 

転職時期が未定だと転職に不利なのでは?と思う方もいると思いますが、募集企業側に余程の事情がない限り、中途採用の場合は新卒と違って即戦力にもなりますので、いい人材は時期は問わず採用したいと思うのが人事担当者の本音なのです。

 

転職時期が決まっていないのは決してデメリットではありません。逆に、今ある仕事をきちんと全うする責任感のある人だという印象を与えることができますし、何より焦って転職活動をしていないので転職エージェントから紹介される企業を品定めする時間もたっぷりあります。

 

たとえ転職時期が未定のタイミングであっても、あなたが転職を決意したならば転職エージェントに登録しておくことで好条件の求人と出会うチャンスが広がることでしょう。

 

転職は人生のターニングポイント。会社選びに失敗しないようにじっくりと見極めることができるのが、転職時期未定のタイミングで転職エージェントに登録しておく最大の“メリット”です。

 

複数に無料登録して転職成功率を大幅アップ!

リクルートエージェントリクルートエージェント

マイナビエージェントマイナビエージェント

DODADODA

※転職を成功させるコツは特定の転職エージェントにこだわるのではなく、複数の転職エージェントに登録して可能性を広げることです。すべて無料で登録することができます。