転職エージェント裏事情

地方で仕事を探すUターン就職を成功させる3つの心得

地方で仕事を探すのは、東京や大阪などの都市部で探すよりも困難を伴います。そもそも、その地方で営んでいる会社自体が少ないからです。

 

また、求人があったとしても都市部で目にするような求人雑誌・求人サイトには情報が掲載されていないことも多くありますので、Uターン就職の場合はとにかく如何に求人情報を数多く収集できるかがポイントになります。

 

上記を鑑み、Uターン就職を成功させるには以下の3つを心得てください。

 

地方の求人誌・サイトをくまなく確認すること

大手の求人サイト、求人誌には地方の求人情報がしっかり網羅されていません。よって、地方で仕事を探すには、その地方独自の求人誌やサイトを確認してみましょう。ハローワークに行ってみるのも良いかもしれません。大手サイトに情報がないからといって諦めることがないようにしましょう。

 

旧友やご近所にも確認してみる

Uターンであれば、その地方で既に働いている旧友やご近所さんがいませんか。そういう人達からも情報を集めてみるのが良いでしょう。地方の場合、いわゆる転職のプロセス(応募→書類審査→面接→内定)を行わず、その会社の社長が属人的に採用活動を行っている場合も多いものです。
また、地方は人とのつながりが都会よりも密ですから、採用に関する情報をそうした人たちが持っている可能性が高いのです。一度聞いてみると、意外な情報が得られるかもしれませんよ。

 

直接企業に電話をしてみる

求人情報を出していない会社でも、実は人を増やしたいと思っている会社はたくさんあります。もし興味のある会社で求人が見当たらない場合、直接電話で聞いてみると早いかもしれません。以外とすんなり決まった、という話を聞くこともありますので。

 

地方はそもそも企業数が少ないので、選択肢が少なく、就職・転職は難易度が高いと思いますが、住み慣れた場所で働くのも悪くはないかもしれませんね。Uターン就職を成功させるためにまずは昔の人脈を最大限活用し、少しでも多くの情報を収集するようにしましょう。