転職エージェント裏事情

転職活動のタイミングって?意外と難しいタイミング

転職をしようと決めたものの、いつから活動したらいいんだろう。特に転職活動は人によってバラバラですので、タイミングがあるとは一概には言えません。

 

しかし、企業が募集するタイミングは決まっているので、その時期と自分がいつ転職を決められるか逆算していくことが最初に考える転職活動の第一歩となります。

 

そうと決まれば思い立ったが吉日。どうやって活動の第一歩を踏み出せばいいか今から考えていきましょう。

転職先の業界の繁忙期はチャンス!

まずは自分の転職したい業界の繁忙期と閑散期は調べておきましょう。繁忙期の最中の採用というのはかなり少ないものです。

 

たとえば求人数で見ると3月から4月や9月から10月が多くなっているのですが、狙っている業界が繁忙期の場合はこの時期からずらしての募集をかけることが多いのです。

 

募集の数が少ないのに転職活動をしてもまず普通に転職する確率は下がってしまいます。無駄なエネルギーを減らすためにも事前情報はしっかりと掴んでおきましょう。

自分の今いる職場の繁忙期は要注意!

転職先の繁忙期を知るというのが重要なのはわかったけれど、なんで自分の今の職場を知らなければいけないの?と不思議に思う人がいるかもしれません。

 

転職活動で忘れられがちな点として退職時期が上げられます。たとえば自分の会社が繁忙期の時期に「辞めます」と退職届を出したところですんなり通してもらえるでしょうか。

 

転職で重要になるのは、次の会社はもちろんですが今いる会社に迷惑をかけず円満退職に持っていくことも重要です。

一番最適なのは両者の繁忙期を避けること

「転職して今より良い条件の会社に行くために」と次のことばかりを考えていると、現在の職場のことはどうしても忘れがちになるものです。しかし、今いる会社のことも考えた転職活動をしないと、最終的には両者に迷惑をかけることになってしまうのが現実です。

 

転職先の繁忙期、そして自分の職場の繁忙期を考え、両者がうまくいくタイミングに短期間で済ませてしまうのがベストなのです。

 

円満退職で現在の職場もキレイに退職できたら、もしかしたら次の顧客にはあなたの元職場の方がなるかもしれません。そう考えると意外と重要なことだったりもしますね。