転職エージェント裏事情

やりたい仕事が無い!?自分に合った会社・職種の選び方

転職活動をしようにも、自分に本当に合った会社や職種があるのか?そもそも、やりたいことが見つからない・・・と頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか。

 

自分が仕事を通じて何をしたいのか、自分にはどのような仕事が向いているのか、ということは“自己分析”とい手法から導き出すことが可能です。そこで、仕事を充実させるための自己分析の方法についてまとめました。

 

自分がやりたい職種について考えてみる

まず、

  • 自分自身がどの分野に興味があるのか?
  • 現状の保有スキルではどのような業務ができるのか?
  • 仕事に活かせる趣味はなにか?

について考えてみましょう。

 

仕事は理想のライフスタイルを決める上で必要不可欠なものです。考えすぎて損をすることはありませんので、時間の許す限り徹底的に書き出してみましょう。

 

最近では未経験歓迎の求人や、研修で資格の取得を保障している企業も多く求人を募集していますので、この機会に新しいことへの挑戦を検討してみるのもいかがでしょうか。

 

絶対やりたくないことやスキルが足りないことを考える

少しネガティブな考え方になりますが、自分ができないことや絶対にやりたくないことについてもきちんと把握しておきましょう。

 

転職失敗のひとつの原因として、自分自身を過大評価してしまい、挑戦するレベルではなく無茶をすることによることが挙げられます。自分に見合った求人を見極める為にも、マイナスな部分についてもきちんと受け入れ、地に足がついた求人を探すことがおすすめです。

 

しかし、新しいことに挑戦をしないというのは、仕事をしていく上で面白さが欠けてしまいますよね。一緒に自分が挑戦したいこと、習得したいスキルについても書き出してみましょう。できないこと、やりたくないことのリストと照らし合わせ、妥協すべき点はどこなのか、理想の職場環境を追い求めていいのかを判断する材料にもなりますので。

 

自己分析でデメリットを考える

どんな仕事にもデメリットは存在します。しかし、そのデメリットが自分自信耐えられるものなのかどうかを判断することで、自分に合った仕事なのか、やりたいと感じられる仕事なのか、ということの判断をすることができます。

 

希望と現実を自己分析でしっかりと見極めることが転職成功の秘訣と言えるでしょう。

就活とは違う転職活動での自己分析とは

転職活動おける“自己分析”というのは、自分自身を知り、どのような職種が合っているのかとことを判断する重要な材料となります。

 

ここで注目したいのは就活ではなく、転職活動における自己分析のしかたです。

 

新卒や第二既卒での就活の時に自己分析をした人がある人がほとんどだと思いますが、転職活動においての自己分析はそれとはまた少し傾向が変わってくるのをご存じでしょうか。

 

新卒就活と転職の自己分析とはナゼ違うのか?

転職活動における自己分析では、これまでのキャリアやスキル、今後のキャリアビジョン、業務遂行上での課題など、新卒就活の時にはなかった要素を組み込む必要があるからです。

 

そして、実際に企業で働いてみて、就職とはなにか、社会貢献とはなにか、などといったことについても、その考え方が就活をしていた時とは大きく変わってきているはずですので、以前やったやり方とは違う方法での自己分析が必要となってくるのです。

 

自己分析は面接対策に繋がる

多くの企業は面接時、転職希望者がどのような人材なのか、これまでどのような職務経験をしてきて、何故自社で働きたいのかを必ず聞いてくることでしょう。

 

転職対策の雑誌やサイトなどを見るとわかりますが、多種多様な質問で転職希望者の人となりやとっさの判断力を見極めようとしていますが、その質問の多くはほとんど本質が変わらないといっても良いでしょう。

 

応募者について知りたいことは概ねどの企業も同じですので、社会人としての自分の評価、その企業で働きたい理由それぞれに説得力のあるエピソードを用意しておきましょう。そうすることで、どんな角度から質問されても、窮することなくほとんどの質問に自信を持って答えることが可能です。

 

自己分析に時間をかけすぎない

自己分析をする上で注意したいのが、あまり時間をかけすぎないということです。

 

社会にでて、色々な経験・キャリアを積んでいくことで考え方に幅が広がることは前述で説明しました。そうすると、必要以上に考えすぎてしまい、結局何がなんだかわからず面接に失敗してしまってはもったいないですよね。

 

深く考える必要はありますが、そのは反面あまり考えすぎないように注意しましょう。