転職エージェント裏事情

転職エージェントのスカウトメールには早めの連絡がキモ

転職エージェント スカウト

 

転職サイトに登録したことがある方は、スカウトメールを一度は受け取ったことがあるのではないでしょうか?

 

スカウトメールとは文字通り、求人企業が転職希望者スカウトするためのものです。

 

スカウトと聞くと、「どうしてもあなたに入社してほしい!」という入社前提のアプローチのように聞こえますが、実際はちょっと違います。もちろん、あなたの経歴や希望条件を見たうえで興味を持ったからスカウトメールを送るわけですから、脈が有ると言って間違いはいないでしょう。

 

しかしこのスカウトメールの多くは、「あなたに興味を持ったので一度応募書類を送ってください」といった気軽な意味合いのものが多く、せっかくスカウトメールに応募したのに書類選考にすら通らなかった、といったケースもありますので期待しすぎずに待ちましょう。

 

そうは言っても、“これだ!”と思った企業には迅速な対応をしましょう。スカウトメールは他にも同じような経歴の転職希望者に送信されていることがありますので、早目の連絡が他の応募者との差を埋めるキッカケにもなります。

企業からのスカウトと転職エージェントからのスカウトの違い

企業からのスカウトメールは、企業から見て魅力的だなと思った転職者に対してアプローチがかかることです。

 

基本的に転職エージェントと転職希望者は面接を行った上でキャリアコンサルタントが担当につきます。担当のキャリアコンサルタントが、あなたとの面談の中で、あなたがどんな経歴やスキルを持ち、何を希望しているか、そしていつなら面談可能なのかを把握し、手持ちの求人からあなたにマッチした求人を紹介してくれるのです。これが、いわゆる転職エージェントからのスカウトということになります。

 

実際に転職エージェントに登録するとわかるのですが、大手になればなるほど1日に送られてくるスカウトメールは膨大な量になってきます。その中から、選り抜きの求人を探すことになります。

 

このスカウト制度を上手に活用することで、自分で求人を探して、その求人の中から条件に見合ったものを見つけ、応募し、面接のスケジュールを調整する労力を費やすより、はるかに少ない労力で質のいい求人を見つけることができるのです。

 

質の良い求人が見つかるエージェントBEST3