転職エージェント裏事情

転職エージェントの担当者は相性のいい人を選ぶこと

[30代/男性/アパレル/IT・エンジニア]の転職体験談
・利用した転職エージェント:レバテックキャリア、ワークポート、リクルートエージェントなど

 

私は派遣社員で働く傍ら、正社員になるべく転職サイトで情報を見ながら活動していましたが、ITエンジニアの仕事はプロジェクトが終わりに近づくと帰りも遅くなりがちでなかなか活動の時間がとれません。

 

一人での転職活動というのは思った以上に気力と体力が必要なものです。一人での転職活動に煮詰まったときに目に止まった広告から、転職エージェントを使ってみようと思い立ったのです。

 

以前に転職エージェントは使ったことはありましたが、そのときはうまくいかず、その後も連絡をとっても冷たくあしらわれてしまうという経験をしました。そのせいか転職エージェントにはあまりいいイメージを持っていなかったのですが、今回は二度目と思い使ってみました。

 

今回の転職エージェントの担当者はとても感じの良い人で、てきぱきとやってくれたと感じています。面談の際も丁寧に要望をなどを聞いてくれたり、面接の練習もしてくれたりと精神的な面でも支えになったと感じています。

 

結果として、数社を提案頂き、何度か面接を受けたりすることで希望の仕事が見つかり、年収交渉もしてくれたおかげで前職よりも高い給与での転職を成功させることができました。

 

転職エージェントは会社も多々あり、その中でも色んな担当者がいますので、相性が合わないと大変なこともありますが、そこは割り切って相性の合わない人は変えるなどして自分が満足のいく結果を得るまでとことん活用すれば、転職エージェントでの転職は良い方法の一つになりえると思います。