転職エージェント裏事情

転職エージェントは情報収集の一環として活用しました

[20代/女性/特許事務所/事務職]の転職体験談
・利用した転職エージェント:マイナビ、DODA、リクルートエージェントなど

 

初めての転職だったので、まずは転職エージェントに登録を、と数社一気に登録をし、その中でもマイナビ、リクナビ、DODAなどの大手エージェントのカウンセリングを受けました。

 

どの担当者の方もやはり企業と転職者をつながなければ!と必死な感じは伝わり、自身の電話対応不可時間などを伝えているにもかかわらず、仕事中にも何度も何度も追っかけ電話をしてくるぐらいの必死さでした。

 

カウンセリングに関しても、自身も提案営業をしていたので余計にかもしれませんが、カウンセラーの方は転職希望者の希望条件などもヒアリングするものの、結局は自身の持っていきたい方向へと持っていっているのではないか、と思えるカウンセリングでした。

 

興味が少しでもあれば受けましょう!と希望とは違う職種もたくさん提案され、あまり実のある時間ではなかったように思います。

 

自分自身が転職したい業種だったり、希望の条件ををしっかりと考えておかないと、結局は転職エージェントのカウンセラーの方に流されて、思ったような転職はできないのだと確信しました。

 

こうしたカウンセリングを受けて、転職エージェントばかりに頼らず自身で希望の職種・企業を探したほうが早いと考え、カウンセリングは情報収集の一環と割りきって、情報をたくさん頂いて自身の就職活動に活かしました。

 

情報収集という点では、面接の対策であったり、ある程度の業界情報だったりを入手することができるので、便利かとは思います。ただし、成功する転職ができるかどうかは、結局のところ自身で決まると思います。

 

なんでもいいからとにかく職が欲しい!と思う方は、転職エージェントにお任せする方が自身で職を探すより楽かもしれませんが、自分自身の希望職種や条件などをはっきり持っている場合は、情報収集に転職エージェントを使わせて頂いて、その情報を武器に自身で職探しをした方が、いい結果が待っていると思います。