転職エージェント裏事情

上手に使い分けよう転職理由の本音と建て前

採用面接の際に絶対に聞かれることは“転職理由”です。ここで本音を話しても多くの企業は、「この人は入社後同じことで転職しないかな?」という不安を抱くものです。

 

しかし、それを気にして転職理由をヘタにごまかすと、逆に次の会社も同じ原因で転職する可能性も出てきてしまいます。上手に転職をする人は本来自分の言いたい転職理由を言いつつ、本音と建前をうまく利用しているのです。

転職理由の本音は隠さない

転職理由を隠す人がいますが、隠したところでいいことはありません。また、包み隠した理由というのは、いずれ必ず相手に伝わりるものです。

 

採用面接における転職理由はマイナスではなくプラスに作用するほうが強い事柄ですので、ここはぜひとも加点に向けて行きたいところですので、転職理由は必ず志望動機や自己PRと紐付けし、矛盾を感じさせない理由にしましょう。

転職理由には未来を込める

基本的にネガティブなだけの転職理由はアウトです。多くの企業が転職を望む背景はある程度分かっていますが、そのネガティブな部分だけをクローズアップして話してしまっては採用の道は遠ざかってしまいます。

 

基本的に転職理由というのは過去を話すことですのでどうしてもネガティブなことになりがちですが、これからの未来どうしたいか、ということをプラスすると前向きな理由に変わります。

 

そうすると、企業の立場から見ると未来へのビジョンが明確になるため、その人の将来像を想像しやすくなります。例えネガティブな理由で転職しようとしているにせよ、変わろうとしている今と未来への自分を大きくアピールに入れてみましょう。

どうしても不安な人は転職エージェントに助けてもらおう

「どうしても転職理由がうまく言えない」「本当に今の転職理由はポジティブに伝わっているかわからない」そういう方は転職エージェントに頼りましょう。転職エージェントなら会社の背景を知った上での転職理由の表現方法を一緒に考えてもらえますし、第三者視点での聞こえ方も教えてもらえます。

 

あなたの転職理由の本音と、どのような転職を希望しているのかということを説明することで、あなたと一緒になって魅力的な転職理由の表現方法を一緒に考えてくれます。