転職エージェント裏事情

就職できないニート・フリーター

現在無職や正規雇用ではない、ニートやフリーターと呼ばれる人が就職活動に四苦八苦するというケースが目立ちます。

 

一方で就業のブランクが長くてもすぐに内定が出る人も多いのも事実です。ではなぜ内定が出る人とでない人に大きな差があるのでしょうか?ここでは内定が出ないニート・フリーターの特徴について紹介します。

 

慎重になりすぎている
転職サイトやハローワークで求人を見て、そのうち何件応募していますか?新しい職場への不安から応募に慎重になってしまっていないでしょうか。

 

しかし、応募した企業から連絡があるとも限りません。気になった企業は全て応募することでチャンスが広がります。チャンスが増えれば内定の可能性もUPします。チャンスは舞い降りるものではなく、自分から掴みにいくものだというふうに考えてみてください。

 

キャリアビジョンが描けない
「何をしたらいいかわからない」とただ漠然と日々を過ごしていませんか?

 

無職やフリーターでも将来の自分のビジョン・目標を持っている人とは違います。まずは、自分自身何がしたいのかを明確にすることが大切です。それが見つからないから困っているとは思いますが、何かを見つけるための就職というのも有効な手段です。

 

人に頼るのが苦手な人
自分1人だけでどうにかしようとしても限界があります。ニート・フリーター状態を脱却したいと考えるのであれば、一番の近道は「誰かの力を借りる」ということです。

 

力を借りる相手は家族や友人でも良いですし、就職活動のプロに依頼するのもいいでしょう。特に転職エージェントは無料で利用できるだけではなく、就職活動のスケジュールを管理してくれますので、いつも面倒になって途中で就活を辞めてしまうというニート・フリーターの方にも適しています。

 

最近ではニート・フリーターに特化した転職エージェントサイトもありますので、まずはそこに登録するところから始めてみてはどうでしょうか。

 

今の状態から脱却したいのであれば、まずは行動を起こすことです。ネットからでも簡単にできますので、この機会に求人応募をしてみてはいかがでしょうか。