転職エージェント裏事情

就職できない既卒・第二新卒

既卒・第二新卒で就職活動に励んでいる人は多いと思います。しかし、なかなか内定が取れないといった悩みに頭を抱えていませんでしょうか。

 

内定が取れない理由はキャリアや学歴ではありません。内定が取れない人には共通点が多くあります。今回はそんな内定が取れない既卒・第二新卒の人の特徴について紹介します。

 

暗い印象を与えてしまっている
既卒・第二新卒というのはポテンシャル採用がされやすい傾向がある中、内定が取れない理由は明確です。ハキハキとした受け答えができなかったり、顔に生気がない、清潔感がないなど外見の要素が大きく関係してきます。

 

少しの気遣いで印象を大きく変えることができるので、挑戦してみてください。例えば、いつもより少し大きく目を開けたり、スーツをクリーニングに出したり、女性であれば顔の印象が明るくなるメイクをしたり。身なりを整えることで面接官に与える印象が大きく変わり結果に繋がりやすくなります。

 

会話のキャッチボールができていない
社会人と接する機会が少なく緊張してしまい、受け答えができずに不採用となるケースも多々見受けられます。スーツを着た大人が重々しい雰囲気で並んでいたら緊張してしまいますが、面接官の人も同じ人間です。

 

変に身構えずに普段通りに目上の人と話すようにリラックスして話ができるようにおころ崖ましょう。

 

履歴書に問題がある
履歴書の書き方1つで書類選考や面接での質疑応答に大きな違いが生まれます。企業にとってどのような利益を与えることができるか。今後のキャリアビジョンはどのようなものかといった「企業が知りたい」情報を記載できていない場合が多いです。

 

ネットなどから情報を得るのもいいですが、テンプレ―ト通りのものを面接官は見抜きます。できるだけ自分の言葉で綴ることが重要になります。どのように書いたらいいかわからない場合は、転職エージェントなどに履歴書を添削してもらうのがおすすめです。