転職エージェント裏事情

転職活動を楽にする必需品ベスト5

転職活動をする上で必要なものとは一体なんでしょうか?

 

スーツ、靴、履歴書、証明写真など、最低限用意しておくべき物については把握している人がほとんどだと思います。ここでは転職活動を有意義かつ楽にするプラスαのアイテムについて紹介します。

 

スケジュール帳

スケジュール確認は携帯やスマホアプリでしている人も多いかと思います。しかし、あえてスケジュール帳をオススメします。

 

その理由は、面接の通知など電話で連絡が来る場合も多く、その場合にスマホだと日程をすぐに確認できない可能性もあるからです。

 

スケジュール帳であれば電話中でも、面接中でも、すぐに取り出してスケジュール内容の確認ができるというメリットがあります。さらに、メモ帳を忘れた時にもスケジュール帳を代用することができますので、面接用の鞄にはペンと一緒にスケジュール帳入れておくことをオススメします。

 

折り畳み傘

天気予報で晴天だったのに、突然の雨が降りびしょ濡れになってしまっては台無しです。万が一に備えて、折り畳み傘を鞄に入れておきましょう。

 

最近では軽くて邪魔にならないコンパクトな折り畳み傘もたくさん販売されていますので、この機会に少しいい傘の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

スマホ用充電バッテリー

転職活動中というのは、スマホを使う機会が増えてきます。メールの確認、電話連絡、会場までの地図の表示、時間つぶしでついつい携帯を開いてしまう事も増えてきます。

 

万が一面接に遅刻しそうな時、スマホの充電が切れていては連絡さえもできませんので、充電バッテリーを持っておくことで不測の事態に備えましょう。

 

普段あまり病気をしないという方でも、頭痛薬や胃薬、整腸剤の類は持っておきましょう。面接前というのは、緊張から精神的な疾患というケースが誰にもでも起こる可能性があります。すぐに飲めるように水無しでも服用できるものを選ぶのがおすすめです。

 

ストッキング

女性限定になりますが、これは私自身の転職経験からも必ず用意しておきたいアイテムの1つです。コンビニでも購入は可能ですが少し割高ですので、あらかじめ用意しておいた方が無難でしょう。

転職準備資金は本当に必要?

転職活動は実は何かとお金がかかるものです。在職中に転職活動をしておきたいと言う方の多くが、転職資金がかさむからという理由を挙げます。

 

転職準備資金がないまま無計画に退職をしてしまうと、資金不足で慌てて就職先を決めて後悔にもつながりかねません。

 

転職準備資金はいくら用意したらいい?

転職費用の平均は10万円~20万円前後とされています。面接を受ける企業数、面接回数で多少の前後はありますが結構大きな額ですよね。

 

まず、最初にするのは履歴書の作成に伴い、証明写真の撮影だと思います。少なく見積もっても、証明写真の撮影ですでに1,000円ほどかかっています。さらにスーツがなかったり、持っていても古くなってしまっている人は新規購入で3万円前後。靴や鞄も慎重する必要があるかもしれませんね。

 

ここまででも結構な出費が予想されますよね。この他に生活費、家賃、光熱費や雑費などもかかってきます。転職準備支度金の落とし穴はここにあるのです。

 

転職準備資金の落とし穴

「仕事をしているし、給料の振込があるから大丈夫」と考えている人は少なくないと思います。

 

確かに普段の生活をするだけなら問題ない金額だと思います。しかしプラスαで10万円、もしくはそれ以上の金額がかかったらどうでしょうか?社会人になれば突然の飲み会や冠婚葬祭などの出費は必ずあります。それプラス、転職資金です。

 

お財布が苦しくなることは明白ですが、なぜかこのトリックに気付かずに金欠に悩まされる転職者は一定数いるのです。

 

資金に余裕がないと、もちろん精神的にも落ち着かなく鬱々とした気持ちになってしまいます。内定がなかなか出ない場合などは焦ってしまいますので、悪循環が生まれてしまわないように要注意です。

 

備えあれば憂いなし

月々の出費+転職資金の仕組みがわかったと思います。2か月前後の転職活動であれば少なくとも20万円は準備しておきましょう。

 

少し多いかな?と思う金額がちょうどよく、もし余ったら就職祝いとしてちょっと贅沢なディナーやランチを楽しんでみるのもモチベーション維持に最適です。