転職エージェント裏事情

転職活動のモチベーションを上げるためには

転職期間中に一番つらいのはモチベーションを保つことです。内定がもらえないとやる気は下がる一方で、自信もなくなってしまいますよね。さらに、転職活動についてはどうしても他人には話しにくいものなので、誰にも打ち明けられず苦しくなる人が多いと思います。

 

そして、多くの人は仕事をしながらの転職活動になるため、貴重な休日を割いているのにと振り返ってしまうこともあると思います。苦しい時はどうしてもつらいものに目が行きがちですが、余裕ある転職活動は余裕ある判断へと繋がっていきます。

転職活動と仕事の両立をしている方の隙間時間活用法

仕事と同時に転職活動をしていると、いろいろと気を使うことが多くとても疲れます。時には仕事を辞めて、転職活動のみに絞ろうかと悩む人も多いようですが、それはオススメしません。

 

現在の収入源がある状態での転職は、お金がない人に比べると金銭面での気苦労が少ない分、精神的労力をモチベーション維持に使うことが可能です。

 

転職活動中は切羽詰っていて気づきにくいものですが、一人の時間というのは意外とあるものです。たとえば、面接までの移動時間です。

 

いつもと違うところへ来たから少しおいしいものを買おう、今日はいつも来ない場所に来たから少し寄ろう、待ち時間を利用して読むことができなかった本を読もう、など人目から離れる時間が少しだけできますので、その時間を大切に利用しましょう。

転職活動に専念している方のストレス解消法

転職活動のみに絞っている方は、仮に失業手当を受給中であったとしてもタイムリミットが刻一刻と迫ってきているため、時間的余裕があるのに精神的にはなぜかつらい方が多いようです。

 

そういう方は日雇いもしくは短期のアルバイトをすると金銭的にも少しだけ余裕ができます。

 

転職活動に専念していると思ったより時間が余るのが現実です。しかし、お金の減り方が変わることはないために不安が大きくなって、気が付いたら内定が決まった企業にすぐ就職してしまう人が多くいます。

 

このように行動してしまうと、せっかく腰をすえて転職活動をする意味がありません。空いていて暇な時間は気分転換に短期の仕事を入れて気分転換をすることも選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか?

転職活動の中で楽しみを見つける工夫をしよう

転職をする上で、やはり転職後の給料アップやスキルアップ、自分の夢のためということを忘れないのがモチベーションを保つ基本ですが、これらは意識的なものです。

 

理想的には転職活動後の未来のために頑張るということですが、実際のところそれはなかなか難しいものです。現実は転職活動を行う中で楽しみを見つけて、それを実行しながら転職活動を続けることの方がモチベーションを上げやすいものです。

 

たとえば面接では普段は入れない企業への訪問も可能です。普段は行かない街へ出かけることもひとつの楽しみかもしれません。どうしても転職活動がつらくなってモチベーションが下がったときは、楽しいことへ目を向けて続けてみましょう。