転職エージェント裏事情

退職が決まったら取引先への挨拶はいつ頃するべき?

退職が決まったら、やることはたくさんあります。引き継ぎ、資料の作成、身辺整理など、そして、クライアントへの挨拶も。

 

どのタイミングでどのように伝えればいいのか?実際に会社に伺った方がいいのか?など、初めてだから気になるクライアントへの挨拶についてまとめました。

 

タイミングは退職2~3週間前が最適

クライアントへの挨拶のタイミングは、退職の2週間~3週間ほどがベストです。理由は2つあります。

 

まず1つ目は、早い段階で伝えないと信頼を失ってしまう可能性があるということです。
突然担当者が退職し、新しい担当者のオペレーションがグダグダ、これまでのやり取りを把握していないとなったら、取引先は不安になってしまいますよね。さらに言うと、せっかく築いてきた企業対企業の信頼関係を崩してしまう危険性さえもあるからです。

 

2つ目の理由は、後任の担当者とのパイプ役をするためです。
後任者が仕事の流れをシュミレーション・実践できる時間を用意することによって、在職中であれば何か不備があった際にすぐに対応ができますし、クライアントにも安心感を与えることができます。

 

取引先への訪問は必要?

これは職種やクライアントとの親密度やプロジェクト規模によりますが、訪問し後任者を紹介できるのが一般的です。訪問することで後任者の顔合わせもできますし、面と向かってクライアントに感謝を伝えることもできるからです。

 

もしメールで退職の連絡をする際には、退職日、後任者の名前と連絡先、引き継ぎのプランは必ず記載しましょう。退職の旨だけ記載されたメールをもらってもクライアントは困ってしまいます。

 

一番懸念すべきは、「自社のプロジェクトを放り投げられた」という印象を与えないことです。きちんと引き継ぎの土台を作り、「しばらくは前任者(自分)もいるのでご安心ください」と一言添えてメールを送りましょう。

 

クライアントへの退職連絡は、この先の取引に対するイメージに大きく影響します。余裕を持ち連絡をし、後任者にしっかりとバトンタッチして退職できるようにしましょう。

立つ鳥跡を濁さず!最終出社日に守るべき挨拶のマナー

いざ、最終出勤日。ほとんどの業務は引き継ぎが終わりあとは諸々の清算をするだけです。

 

最後の仕事の一つに最終出社の挨拶というのがあります。気持ちよく新天地にはばたくためにも、最終出社日の挨拶のマナーについてをチェックしておきましょう。

 

挨拶メールのマナー

社内向けに挨拶メールの送信をしましょう。まずは部署への一括送信メールです。

 

今までの感謝に思い出に残るエピソードを織り交ぜると好感度もアップ!ひとつ気を付けておきたいのは、ネガティブな内容はNGということです。

 

最後の挨拶にネガティブな話を織り込む人はいないかと思いますが、相手にネガティブととらえられるような言い回しやエピソードにならないよう細心の注意をしましょう。

 

そして、特にお世話になった人や上司には別途メールを送るのもマナーです。もちろん口頭で感謝を伝えると思いますが、伝えきれない感謝の気持ちなどもあると思います。形に残るもので伝えるということは、何よりこれはもらった側としてはとても嬉しいことです。

 

新しい環境で何か困った時に相談すれば、きっと助けてくれることでしょう。

 

退職挨拶のマナー

退職の日多くの企業では、朝礼、もしくは終礼で必ず社員の前で挨拶をすることでしょう。

 

ここでも、ネガティブな発言は避けるのがマナー。今までの感謝や、これからの部署や会社の躍進を祈る一言を添えるようにしましょう。

 

注意しておきたことは、思いが入り過ぎて挨拶が長くなりすぎないようにすることです。長くても1分前後で完結にまとめるようにましょう。

 

上記のことを守っていれば、マナー違反にはなりません。ぜひ自分の言葉で、感謝の気持ちを伝えてください。

 

退職挨拶品のマナー

退職する際には、在職部署全員分のお菓子などの挨拶品を用意される方も多いです。

 

「お世話になりました」と挨拶して回る口実にもなりますのでぜひ用意したいところですが、これは各企業ごとに慣例がありますので事前にリサーチしておきましょう。

 

無難なものとして、個別梱包された焼き菓子などを退職挨拶品として贈る方が多いようです。なお、特にお世話になった人に何か贈りたいということであれば、他の人の目に触れないタイミングで渡すようにしましょう。

退職したからといって悪口は絶対にNG!その当たり前の理由は?

退職をしたら、今までの不満不平を思いっきり吐き出そう!と考えている人も少なくないでしょう。しかし、そこには大きな落とし穴が。退職後も職場の悪口は絶対にNGです。

 

「もう関係ないのにどうして?」と思う人もいるかもしれませんが、あらためてどうして退職した会社の悪口を言ってはいけないのでしょうか?

 

仕事をしている限りまったく関係ないとは言い切れない

悪い噂というのは、いい噂の倍以上の速度・範囲で広まります。「まさかこんな些細なことが・・・」と思っていたことが、前職の担当者に伝わってしまうこともよくある話です。

 

なぜなら、貴方が考えている以上に業界というのは狭いものです。日々の取引、社員同士のつながり、展示会での出会いなど。同業種間での転職の場合などは特に競合他社の情報を把握しているものです。

 

貴方が新入社員として入社したら、どこの会社にいたのかをまず聞かれると思います。そして、なにかひょんなことから転職先の会社の担当者と前職の会社の人間がであった場合、必ずと言ってよいほど貴方の名前が挙がることでしょう。

 

取引の場であれば、貴方が発信した悪口は話題に上らないかもしれませんが、それが飲み会やプライベートに近い場所だったらいかがでしょう?せっかく円満に退職したのに、会社の評判を貶めた戦犯としてインプットされるのは避けたいですよね。

 

ネット・SNSへの書き込みは要注意!

どうしても前職場への怒りが収まらない、といったことがあると思います。そこで「匿名性の掲示板や転職情報サイトにちょっと書き込もう!」と考える人もいると思います。

 

しかし、ネットへの書き込みをする前にあらためてその危険性をよく理解しましょう。

 

サイバー犯罪が横行している今、ネットへの書き込みも裁きの対象になります。つまり、名誉棄損、営業妨害などの刑罰に処される可能性があるということです。実際に損害が発生した場合は、金額の大小に係わらず損害賠償を求められるケースもあります。

 

軽い気持ちで書き込んだだけなのに、大事になってしまってはせっかく新しい就職先が見つかっても水の泡です。退職したといはいえ、企業の悪口を言うのは得策ではありません。