転職エージェント裏事情

明確で強い動機と目的がないと転職で損をする

当たり前かもしれませんが、動機が薄いまま転職しようとしても上手くはいかないものです。仮に転職できたとしても、現職よりもあなたを取り巻く状況が好転する可能性は決して高くはありません。

 

例えば、元同僚など身近に転職した人がいたとします。その人は収入もアップし仕事も楽しいと言っており、とても充実しているとしましょう。その人は転職に成功したと言えるかもしれません。

 

しかし、それだけが理由であなたがその会社に転職したとしても、同じように成功できるかどうかは分かりません。単に元同僚が転職して楽しそう、というような薄い動機だけでは成功できるような甘いものではありません。転職することによってあなたは何を得たいのか、転職動機を明確にしたうえで行動することが重要です。

逃げの姿勢で転職すると損をする

転職をしようとするきっかけとしては、「仕事がおもしろくない」「上司とそりがあわない」ということもあるでしょう。きっかけはそのような理由でも問題ないと思いますが、その理由をもっと掘り下げて捉えてみて下さい。

 

そして、出来るだけそれらの問題を現職のうちに解決しようとしてみて下さい。もしかしたら解決できてしまい、転職しなくてもよくなるかもしれませんが・・・。

仕事がおもしろくない理由は?
自分の思うように出来ず、結局は上司の意向の通りに進めることになるから。
なぜ自分ではなく上司の意向で進むのか?
自分が信頼されていないから。
では、なぜ信頼されていないのか?
①自分が出す成果物のレベルが低いのか。
②人間的に合わないからなのか。

このように論理的に深く考えてみると、問題解決の糸口が見つかるものです。上記の場合ですと、いずれの場合でも転職に踏み切らなくても解決できます。

 

①自分が出す成果物のレベルが低いのであれば、、レベルを上げる為により一層仕事に取り組めば良いのですし、②上司と人間的に合わないのであっても、上司とは人間的に合わないことを自覚するだけで気持ちが楽になりますし、接し方も変わり、評価も変わってくる可能性が高いものです。

 

転職しなくても欲しいものが得られ、課題や問題点を解決できるのであれば転職はしないほうが良いのでしょう。

 

現職での問題を解決しようともせずに転職活動をスタートしてもビジネスで必要な問題解決能力が高まることはありませんので、面接でもそれが見抜かれて「この人は困難に対して自分で能動的に解決しようとしない人」との烙印を押されてしまうことでしょう。

 

一方、問題解決に向けた動きをしているのであれば、そのこと自体を面接で率直に話してみることです。「困難に対してあきらめずに立ち向かえる人材だ」と受け止められて採用に近づくことになるはずです。