転職エージェント裏事情

大手企業への転職を成功させるために大切なこと !

大手企業には従業員が多数在籍しています。新卒でも数多く採用しており、教育制度も整っていますし、中堅中小企業に比べ、途中で転職していく人の割合も少ないと言えます。

 

こうした状況下、転職で大手企業に入社することはかなり難しいと言えます。

 

転職者を受け入れる大手企業の目的は、即戦力でスキルの高い人材を得ること以外にないことが多いので、次の2つのことを念頭に活動すると良いでしょう。

とにかくビジネススキルを磨く

現職で培うことのできるビジネススキルをとにかく磨いて下さい。数値で現すことのできるスキルであれば、その数値を存分にアピールして下さい。数値で表すことができないスキルであっても、自信をもって面接等でアピールして下さい。

 

現職でスキルを磨くことが出来ない人は、公的な資格を取得するなどして、客観的にスキルがあることを示すと良いでしょう。

非公開求人の存在

ネット等で公開されている大手企業の求人には、転職希望者が殺到するため競争率は極めて高いものだとご認識下さい。いくらビジネススキルを磨いていても、他の応募者も相応の人たちが多いので、その中で目立つことは至難の業です。

 

そこでおすすめなのが、非公開求人に積極的に応募することです。

 

非公開求人とは、その名のとおり一般的に公開されていない求人情報のことで、転職エージェントがその情報を保有しています。非公開ですので、一般求人に比べると、当然ですが倍率も低いのでかなりの確率で面接までいけます。

転職エージェントのサービスもコネもフル活用しよう!

また、転職エージェントに登録すると応募書類(履歴書、職務経歴書)の書き方や面接の対応方法まで細かに指導してもらえるので、かなり効率的な転職活動ができることでしょう。

 

転職エージェントのサービスは一部を除いて基本的には無料でサポートしてもらえますので、利用しない手はありません。大手企業への転職を志向する際は、まず転職エージェントへ接触することが近道です。

 

転職エージェントの他、もしあなたにコネがあるのでれば、その企業の人事やさらに上の役職の方と接点を持つのもひとつの方法かもしれません。実際にこれで採用が決まったか人もいるので、もし可能性があるのであればアプローチしてみても良いと思いますよ。