転職エージェント裏事情

転職エージェントの担当者も心を持った人間です

転職エージェント 親身

 

転職エージェントを活用するにあたって、あなたの転職を成功に導くためにも必ず心がけておくべき事があります。

 

それは、転職エージェントの担当者に対しても、志望する企業での面接などと同じように、しっかりとマナーを守って接することです。当たり前と言えば当たり前のことなのですが、これを守ることは非常に大切で、しかもこれは担当者の側だけではなく、転職希望者の側に大きなメリットがあることなのです。

 

まずそもそもですが、転職エージェントの担当者も心を持った人間ですので、横柄だったり文句ばかり言うような人には、なかなか「ぜひ転職を成功させて幸せになってもらおう!」という気持ちにはなりません。

 

転職エージェントを活用して転職活動を進める場合その成否は担当者次第と言っても過言ではないほど担当者の果たす役割は大きいものです。それなのに、担当者と転職希望者の間に信頼関係がないようでは、うまく行くものも行かなくなるでしょう。

あなたは転職エージェントの「魅力的な商品」です

また、転職希望者は転職エージェントにとってお客様であると同時に、企業へ紹介するための「商品」でもあります。したがって当然、高く売れる商品ほど魅力的ですし、魅力的であるほど丁寧に一生懸命にサポートしてくれるものです。

 

そのため、転職エージェントに対しても、志望企業と同じように自分が優秀な人間であることをアピールすることが、実は大切なのです。

 

もちろん、「嘘を吐け」とか「短所をごまかせ」と言っているわけではありません。自分を過大評価してもらえるように取り繕う必要も全くありません。担当者に対しては、自分の短所や本当の希望年収、現職への不満などのネガティブな話もざっくばらんにしてしまって構わないでしょう。

 

大切なことは、「担当者からのメールにはクイックレスポンスする」、「電話に出られないときはきちんと折り返す」、「面接日程を調整してもらったら感謝の意を伝える」など、社会人として本当に基本的なことについてマナーを守って接することなのです。このような当たり前のビジネスマナーを守ることで、当然ながら担当者も気持ちよくサポートできるのです。また、しっかりとビジネスマナーを守れることイコール「魅力的な人材」であるとも認識してくれるのです。

 

転職活動において、転職エージェントの担当者というのはあなたのパートナーなのです。したがって、お互いに誠意をもって接し、信頼関係を築いて二人三脚で活動を進めることこそが転職活動を成功させる最大の秘訣となります。