転職エージェント裏事情

各企業と接近できるイベント転職フェアを利用!

仕事をしているとなかなか縁がないかもしれない転職フェアですが、多くの企業を肌で感じるチャンスであるとともに、一次面接も兼ねた転職イベントでもありますので参加すると思わぬ発見があります。

 

この転職フェアでは、人気の企業を回るもよし、人が少ない企業が穴場だとしてのぞくもよし、あえて自分の知らない世界をのぞくもよし、とかなり自由度が高く、時には考えてもいなかったご縁もあります。

 

一対一の個別での場もあるため、転職を考えているけどなかなか一歩踏み出せない人は、まずその空気に触れることのできるチャンスです。

多くの企業を比べてみることができるチャンス

転職活動をする時に、多くの求人募集企業が集まり、比較できる機会はこのときしかありません。また、転職フェアなどのイベントの際には、多くの企業が人を呼び込むために声をかけることも少なくないです。

 

そのため、その企業はどのような人が多いのか、どのように人を呼び込むのか、他社とはどこで差をつけて呼び込むのか、などといった面で個性が出てきます。また、企業の名前、仕事内容の分かりやすさ、社内の雰囲気アピール、多くの方法を目にすることができますので、会社の特徴がはっきりと分かります。

 

自分は何に惹かれ、どの会社のやり方が合うのかが分かるイベントですので、気になる企業や業種はとにかく見て回るのが一番です。

 

また、転職フェアでは自分から企業ブースに行くだけではなく、逆に企業側からオファーがかかることもあります。企業側としてもフェアを開く以上、人が来てもらわなければ困りますし、いい人材が欲しいということもあって、自分自信から企業ブースに行かなくても企業側から来てくれる場合もあります。

 

多くの場合は事前登録をして、エントリーシートを書いておくと個人面談が来ることもありますので、時間に余裕をもって行動できるように準備しておくのが得策です。

実際に企業と接近できるチャンスイベント

転職フェアは大企業とも接近できて、なおかつ面接以外で直接話せる一大イベントといっても過言ではないのです。基本的に開催される日程も事前にある程度は決まっていますので、早めに調べて登録しておくと転職活動も捗っていきます。

 

転職フェアについてはインターネットで調べる以外にも、各転職エージェントがサイトでオススメしてくれることもありますので、興味がある方は転職エージェントに登録しておくと、転職活動に関するいろいろなサービスも利用できて一石二鳥です。

転職フェアでも身だしなみが大切

複数の企業と一度に対面できる転職フェア。人事担当者やその企業で働いている先輩とじかに合って話すことができる貴重な場です。

 

転職フェアに行くときの最適な服装や持っていくべきものなど転職フェアへの参加豆知識を紹介します。

 

服装はスーツが基本

面接ではないにしろ、企業のキーパーソンと面談を行うので転職フェアへの参加はスーツを着用しましょう。セミナーだけの参加であれば私服でも問題はありませんが、実際に履歴書の添削やキャリア相談、企業担当者との面談を行うのであれば派手な格好よりもスーツの方が印象がいいでしょう。

 

展示会のような様式ではありますが「転職」というビジネスにまつわる場だということ、この時に合った担当者と面接で会う可能性も考えられます。できるだけ面接に向かうような清潔感のある服装を心掛けましょう。

 

靴の汚れも見られています

スーツの汚れは気にかける人が多いですが、靴やかばん、ワイシャツの汚れは気付かずそのままにしている可能性があります。着用前に今一度、汚れやほつれがないかチェックを欠かさないようにしてください。

 

転職フェアや面接の場では、清潔感がない人の方が印象に残るので注意しましょう。

 

履歴書や職務経歴書は必須

転職フェアの一番の目玉と言えば、企業担当者と実際に話すことができるということですが、そのことばかりを考えてしまい履歴書や職務経歴書を持参することを忘れ方が案外多いのです。

 

転職フェアでは、その場で履歴書・職務経歴書の添削や、キャリアビジョンの持ち方、考え方などのキャリアについての相談も具体的なものになりますので、転職フェアに参加するのであれば必ず履歴書・職務経歴書を持参するようにしましょう。

 

また、求人企業の採用担当者との面談や転職セミナーの開催も沢山ありますので、ノートとメモ帳も忘れずに持っていくことをオススメします。

 

転職フェアは、転職サイトや転職エージェントの利用だけではわからない情報を得ることができます。無料で利用できるものがほとんどですので是非一度参加してみてください。