転職エージェント裏事情

求人広告に隠された裏事情の見極め方

魅力的な求人広告を見たときに、この内容は本当のことなのか、書かれている内容は本当なのかと邪推してしまいますよね。偽りない情報なのだとは思うけど、いいことが書かれ過ぎていても心配…という不安を持つ人も多いと思います。

 

掲載頻度の裏事情

掲載頻度が高い、もしくは半年から一年以上求人が掲載されたままの企業には要注意です。

 

掲載頻度が高いのは「景気がいいから」「業績がいいから」という場合も極稀にありますが、業界が盛り下がっている時の求人のみならず求人を掲載し続ける企業のは人が定着しないことが多いのです。

 

広告と実際の条件が違うのか、求人広告に書かれていないような業務があったり人材不足で業務過多なのか、サービス残業が多いのか、その実態はケースバイケースですが、求人広告を高頻度で掲載している企業は「人が定着しない」という裏事情が隠されているのです。

 

裏がある大量募集には釣られない

求人広告を見ていると「大量募集」の文字が目立つ求人企業があります。一斉採用で研修コストを抑える目的もあると思いますが、実はここにも裏事情があるのです。

 

大量募集の裏に隠されているのは、研修期間で多くの脱落者が出る場合や、入社後に短期間での退職者が多いのであらかじめ多めに人材を採用する場合などの事情です。

 

確かに大量募集は採用のチャンスが広がるのですが、入社後の負担が多い可能性もあるのです。

 

裏がある未経験者歓迎!に要注意

キャリアチェンジの転職を検討している場合、「未経験者歓迎」の文字はとても心強いものです。もちろん人材を育てる意志のある企業の求人の場合も多くありますが、「未経験者歓迎」をゴリ押ししているような企業には要注意です。

 

誰でもできるような単純作業、もしくは経験者が働きたがらない条件・待遇・環境のいために、業界人の人材が集まらないという裏事情が隠されている場合があります。できるだけ同業種の企業の求人と見比べて変わったところがないかをチェックしてみましょう。

 

求人広告に隠された裏事情を読み解き、優良企業への就職を目指しましょう。

求人応募に必ず役立つ3つのポイント

ただ多くの求人に応募をしているだけで転職先が決まるわけではありません。ポイントを押さえて応募することで効率的・効果的に転職活動が行えます。

 

求人 裏事情応募メッセージにひと工夫を!
最近の求人応募はweb上からのものが多く、手書きの履歴書や送付状からのアピールができないケースもあると思います。そこで注目したいのが応募メッセージです。応募メッセージの役割としては送付状と同じ役割で、簡易的なメッセージを送ることが可能です。

 

転職サイトが用意しているテンプレートをそのまま送るのではもったいないのです。書類選考は比較的通過しやすく、企業担当者と直接会ってアピールできる絶好のチャンスです。採用担当者の目を引く一文を追加して、他の応募者との差をつけましょう。

 

求人 裏事情履歴書は見やすいテンプレートで!
求人応募に欠かせないのが履歴書、職務経歴書です。応募フォームから入力するものが多いですが、同時に履歴書送付を希望していたり書面でのやり取りを希望する企業も少なくありません。

 

書面を提出する際には、一目で内容がわかるフォーマットを使ってるかどうかで明暗がわかれます。

 

書類選考の段階では、まずその人の経歴や志望動機など書類上のデータから応募者をピックアップしていきます。そこで同じ経歴で見やすい書類とわかりにくい書類の人がいた場合、当然のように見やすい方が印象が良い傾向にあります。

 

求人 裏事情退職理由をできるだけポジティブに表現しよう!
志望動機以上に採用担当者が見るポイントとしてチェックされるのが退職理由です。

 

現状から逃げるための転職ではないか、今後自社で働いたときのリスクレベルはどのくらいか、というのを計るためにしっかりと確認します。内容に不足がないように、かつできるだけポジティブな表現を心がけるようにしましょう。

 

求人応募は転職活動において第一の扉です。しっかりと準備すれば案外高い確率で次のステップに進むことができますのでポイントをしっかりと押さえて応募しましょう。