転職エージェント裏事情

転職のカギを握るのは面接官!

転職活動の入り口が履歴書とすれば、面接官はいわば門番。ここを越えなければ先には進めません。

 

面接官は社長の代わりとして面接を行う、いわば社長の代弁者であり、企業のことをもっともよく知る人物とも言えます。そのため、面接でいくら会社のことが好きだとアピールしたところでそれだけでは1回目の面接すら通れるかは難しいのです。

 

しかし、そもそも多くの企業における採用基準は、企業のためになる人材かどうかを見極める基準ですので明確な答えはないものの方向性としては存在しているのです。

 

そこで、採用基準がバックボーンいある面接官の本音を見極めれば、入社への道はすぐ傍まで来ているも同然です。

面接官が見たいのは入社後の未来像

面接官が本当に見たいのは今の転職希望者ではなく、ほとんどの場合は入社後どのように会社に馴染み、貢献してくれるかという未来の姿を重視します。

 

そのため、面接官は過去のことについての質問、主に転職理由やなぜ今の会社に入社したのかということを聞きます。

 

そこから聞きたいことは企業により色々ですが、未来への前向きな考えや過去の自分の反省や本音と言った考えを改め、前へ向かう答えから未来像の想像します。

 

ですので、後ろ向きな考え方や愚痴などはどうしても過去を否定している感じに捉えられ、悪い想像へ向かってしまう傾向があるのです。

 

転職理由などがどうしても否定寄りな答えになってしまう人は、どうしたら前向きな考えに聞こえるか、気になるところは事前に考えておきましょう。

地雷ワードはきちんと調べておこう!

しかし、どんなにいい言葉を並べても、どんなにいいことを言っても一発でアウトになることもあります。それが“地雷ワード”です。

 

たとえば、たったひとつの単語でも社長が嫌いな言葉ならアウトになる可能性もあります。よくあることとして「将来は独立をしたいか?」という質問について、曖昧な表現であっても「したい」という意思表示をしてしまうと、どんな答え方でもアウトになってします企業もあります。

 

社長の人柄や企業の社風で予測はできても正確にはわからないため、心配な方は転職エージェントサービスなどで対策をしておくと安心でしょう。

地雷ワードを知るためにも転職エージェント利用をしよう

面接で確かなことを知るためには、やはりその人を近くで知る転職エージェントに相談するのが一番です。

 

エージェントは得意分野の企業などもありますので、どんな未来を描ける人材が求められているか、どんなことが地雷となるワードなのか、などということを詳しく把握しているのです。

 

転職活動でどうしても面接に不安がある方は、無料で利用できる転職エージェントに迷わず活用するのがおすすめです。