転職エージェント裏事情

情報化社会で成功する転職者の情報収集とは!?

転職で成功をするためには情報というのは欠かせません。ここを妥協すると自分の望んでいた企業に入社できず、こんなところに転職するつもりはなかった、こんなことをしたかったわけではないと悪い会社に捕まりかねません。

 

情報を収集すること自体はとても簡単な世の中ですが、その情報を正しく読み取り利用するのが今の就職する上で試されるところです。

手に入れる窓口は2以上4社以下!

現在、会社の情報を手に入れること自体は容易です。ハローワークでの求人検索でも転職サイトで求人情報を手に入れるでもいいです。

 

しかし、これらは人を集めるための表面的なものでしかありません。いい情報は手に入っても、内部の本音を聞きだすためには2つ以上の情報サイトを見ることをオススメします。

 

複数のところで求人が見つかる場合、間違いなくその企業は人が欲しいということです。自分が狙っている企業ならば、応募したときに採用される確立はグンとあがります。

 

同時にそこまで求人を出している場合、多くの退職者が出ておりその補充が欲しいという可能性が高いです。その点が気になる場合、大手企業なら四季報やIRを見て、現在の会社の経済状態を確認して検討をするのが得策と言えます。

 

このようなことから入社後激務になる可能性も見通せるため、余裕を持つという点でも2つ以上は媒体を持っていると余裕ができます。

必ず人から直接情報を入手しよう!

多くの情報を持っていたとしても、その情報から会社内部についてはある程度しか分かりません。そのため、詳しい情報を知りたい人は転職エージェントなどを利用しましょう。求人情報には書かれていない細かい情報や、福利厚生が出てくることもあります。

 

それより深く企業のことを知るには必ず面接へ行きましょう。企業の内部やどういう人たちが働いているのか、どういう環境かが本当によく分かります。

 

企業に選ばれることは大切ですが、こちらにも企業を選ぶ権利があります。時間はかかりますが、社内に入れる数少ない機会ですので必ず確認するようにしましょう。

情報だけで振り落とす求人は最低限にして勝負は面接で!

現代の情報は膨大です。それだけを見て真偽をその場で確かめるのはかなり困難です。そのため、求人情報は給与や福利厚生などの最低限の情報だけ確認し、本来の職場環境である社内については実際に目で確認できる面接時に確認するのが最適です。

 

たとえばトイレに足を運び、個室で噂話を聞くということも不可能ではありませんし、荒れている職場なら掃除が行き届いていないことが確認もできます。

 

情報収集はパソコンのみではないということを決して忘れてはいけません。