転職エージェント裏事情

転職は婚活!?失敗しない転職活動

就職活動や転職活動をしているときによく、『婚活と同じ』ということを耳にしませんか?

 

日本は基本的に終身雇用ですが、転職のために正社員としての関係を切ることもできますし、そういう意味で確かに夫婦関係に近いですね。

 

つまり、たとえ嫌なことがあっても、基本的に会社とは一蓮托生しなければいけないというなんとも難しい話です。

 

そうなるとお互いがある程度我慢ができることが当たり前になりますが、やはり立場上弱い雇用者は入社前の見極めが大切になってきます。

理想を高くし過ぎない

転職をするときにやはり考えるのは、次の会社にはどういう条件を一番に持ってくるかということです。

 

婚活で考えると、会社規模はルックス、給与は年収、中身が福利厚生や社内雰囲気などなど…と言ったところでしょうか。

 

転職前は中小企業であまり知名度がなかったからもっと大手で活躍したいという人はルックス重視、給与は少なかったから激務でも多く欲しい人は年収重視。こんな風に置き換えてみると少し面白く考えられます。

 

しかし、実際の婚活と同じように三拍子が揃った会社はまず空いていません。そのとき自分がどこを一番に求めているか、ここが失敗しないための第一歩です。

意外といるかも?二拍子企業

転職するですから「次の会社ではここが欲しい!」それが見えた人は必ず面接に行きましょう。婚活で言うお見合いですね。その前の情報は相手がいい様に変えることはいくらでも可能ですが、ここはそうはいきません。

 

企業規模も大きく給与も良いけれど、面接に行ってみたらすごいひどい空気だった。見た目いいのに中身が残念だった、ということだってよくあります。逆に、あんまり好みじゃなかったけど会ってみたらいいかも…?と思えることもありえます。

 

気になってみたらまず面接、迷っている人はそこまでは行くのもひとつの手です。

目に見えないものを考えやすくすると行動も軽く!

このように転職を婚活と置き換えると、意外といろんなものを目に見える情報に置き換えることができます。

 

見た目は重要だけど、やっぱり中身がいい方がいい!というのもなんとなく分かるのではないでしょうか。

 

同時に相手には自分だったらどうアピールできるかということも考えられますので、転職活動のイメージが難しい人は婚活をするように転職活動をしてみましょう。