転職エージェント裏事情

転職は何回までなら許される?

転職回数が多く、転職活動が上手くいかないと感じている人は多いのではないでしょうか。そのため本当は転職をしたいのに、転職回数が増えるのが嫌で今の職場を辞めるに辞めれないという人も少なくないかと思います。

 

一般的に転職回数が多いと、それ以降の転職が不利になると言われています。では、その回数は?在籍期間は?転職活動における転職回数について紹介します。

 

転職は何回からが多いとされているのか

一般的に20代は3回、30代は5回以上転職をしていると「転職回数が多い」と判断されます。それ以上の場合は評価が下がり転職ができないかというと、実際のところはそうでもないようです。

 

在籍期間が長かったり、期間が短くても退職理由をきちんと説明できれば、転職回数が多いことはマイナスの評価委になることは少ない傾向にあるようです。また、転職回数が多いことで得たスキルが多い、という評価になるケースもあります。

 

しかし、それはあくまでも「きちんと説明ができる」ということが前提です。いったいどのように説明すれば、プラスの評価に持っていくことができるのでしょうか。

 

多くの転職で得た経験をポジティブに説明できる

転職回数が多くても内定が決まる人は、これまでに経験し得てきたスキルや経歴をエピソードとして説明することに長けています。

 

退職理由が人間関係などではなく、これからのキャリアに必要なことであるということをアピールできると、転職回数が多い方でもその評価がマイナスからプラスへと転じやすい傾向にあります。

 

ポイントとしては、職場への適応能力、同僚や上司とのコミュニケーション能力は備わっていることをアピールすると採用の可能性が高まります。

 

これまでよりも「これから」に目を向ける

採用の是非において、転職回数が不採用の理由になる人の多くは、どうしても「これまで培ってきたことを応募企業でどう活かすか」という明確なビジョンが描けていない特徴があります。

 

自己アピールが苦手だという人は、これまでの経歴やエピソードだけでなく、これからのビジョンをしっかりと話せるように対策をしておくと安心できるでしょう。

新卒入社から3年未満でも転職成功できる

新卒で就職したら3年は働いた方がいいという定説がありますが、これは過去の話です。現在の転職市場は「3年」にこだわらなくても採用募集があり、逆に3年にこだわりすぎてチャンスを逃してしまうケースもあるぐらいです。

 

なぜ3年の定説が変わったのでしょうか?新卒入社から3年未満でも転職成功できる秘訣をご紹介します。

 

第二新卒の求人が増えている

転職市場において、第二新卒という言葉をよく目にしますが、第二新卒とは新卒から3年以内の若者を指しています。つまり3年待ってから転職をしようとしていたら、第二新卒への応募資格がなくなってしまうことにもなります。

 

なぜ第二新卒の求人がいいかと言うと、採用の理由のほとんどがポテンシャル採用であるということにあります。つまり、一から業界についてレクチャーしてもらえる立場で新しいチャレンジできるという大きなメリットがあるのです。

 

未経験の職種や業種は、年齢が上がるほどキャリアチェンジが難しくなる傾向にあります。新卒採用の際に最後まで悩んだ業種にチャレンジしやすいのが3年以内の転職でもあります。

 

なぜ我慢してしてでも3年なの?

就職において3年という数字が定説となったと考えられる理由は、2つあります。一つ目は、3年というのは新入社員が社会人として一人前になり、会社に利益をもたらすかどうかを判断する期間と言われています。

 

二つ目には、仕事をやりきることができるかという判断材料として考えられます。第二新卒の求人が歓迎される反面、1年未満での転職は評価が下がる可能性があります。こらえ性がない、継続力がないと判断されてしまい転職活動に苦労するケースも。

 

新卒で入社してから同じ1つの会社で生涯働くというスタイルが崩れた今、企業は転職に前向きです。

 

石の上にも3年はどうしても耐えられない

つい先日も新卒者の自殺が大きく報道され、企業の体質改善などに注目が集まっています。所轄官庁である厚生労働省による行政指導

 

キャリアをしっかりと培うということも大事ですが、自分の体調が崩れては意味がありません。その場合は無理せずに転職するというのも1つの手段ですので、できるだけ在籍期間中にスキルを磨いておくようにしましょう。