転職エージェント裏事情

ハローワークより転職エージェントがオススメな理由

職業訓練や失業保険の受け取りで行く機会が多いのもあると思いますが、転職と言えば「ハローワーク」というイメージがありませんか?

 

公的機関ですので、企業、転職希望者どちらにも信頼されて利用者が多いのは事実ですが、実のところ転職エージェントの方がメリットが多いとされています。

 

それはなぜか?簡単なサービスの比較をまとめてみました。

ハローワークのメリット・デメリット

求人募集数に関してはハローワークの方が圧倒的に多いと思います。何故なら、求人募集にあたって募集企業側が無料で利用できるからです。

 

ハローワークのメリット
  • 求人の多さ
  • 大手から中小企業まで多くの企業の情報が見れる
  • 窓口の方が親身になって話を聞いてくれる

 

ハローワークのデメリット
  • お役所仕事なのでとにかく待ち時間が長い
  • 応募前にハローワークから企業側にいちいち連絡して応募できるかどうかの確認が必要
  • 応募1社ごとに履歴書1枚を作成して郵送するのが基本
  • 特定の業種に詳しい担当者がいない

 

メリットも多いですが、デメリットによる貴重な時間の浪費が激しいのです。失業保険受給のために何回かハローワークを利用するだけでも毎回ぐったりして帰った記憶がある方も多いのではないでしょうか。

 

失業保険受給条件を満たすために面接に来る人が多くいるのも周知の事実で、企業側もそれを把握していますので、企業との距離感が遠いのもハローワークの特徴ではないでしょうか。

なぜ、転職エージェントを選ぶべきなのか!?

ハローワークよりも転職エージェントの方がおすすめな理由は、ハローワークのデメリットを全てクリアにできるからです。

  • 待ち時間なし
  • 企業側とはコンセンサスがとれているので応募者に応募意志があるかどうかの確認だけでOK
  • 1度提出すれば履歴書の作成は不要
  • 企業とは常にコミュニケーションをとっているのでエージェントとの距離感が近い
  • 各業種の担当者がいるので業界状況なども把握している
  • 非公開求人を持っている

もちろん、ハローワークにしかない求人もありますし、企業からの信頼もあるでしょう。しかし、応募するためのステップの多さや、面接までの流れ、担当者の知識量など考えると、事務的な作業は転職エージェントに任せて、自らは面接対策や企業情報の収集に時間を割いた方が有意義だと思いませんか。

 

時は金なり。時間を有意義に使えるか使えないか、転職の成功を左右する大切なことです。

 

ハローワークのデメリットは転職エージェントを使うことでメリットに変えることができますし、希望業種に対してより有益な情報を得られるのも転職エージェントの魅力ですね。