転職エージェント裏事情

円満退職をするためにするべき3つのこと

円満退社 仕方

 

退職を考え始めたとき、まず気になるのが円満退職ができるかどうか?ということだと思います。

 

「拗れてしまい退職の際に上司から罵倒された」「引き留められて半ば強引に残留を言い渡された」など、退職にはトラブルが起こりやすい傾向にあります。

 

そこで、円満退職をするための3つの方法についてまとめました。

 

退職することを最初に相談する人を間違えない

「退職」というのは同じチームで働いている人間にとっては衝撃的なことです。それと同時に、今後どうなるのかという不安がチームに電線し、職場がよくない空気になってしまうことさえあります。

 

そこで注意したいことは、退職の意志は退職が決定するまで誰にも言わないということです。つまり、一番最初に相談するのは、直属の上司だけにしておきましょう。直属の上司に直接退職の意志を伝え、上司からその上の管理職に伺いを立ててもらうのが手順です。

 

今後の方針や退職時期などを上司たちが話合った後に退職が決定します。後任への引き継ぎの手順などについて指示があると思いますのでそれに従いましょう。

 

最低でも退職したい一ヶ月前には申告する

社会人として当然のことですが、退職したいからと言ってエスケープすることだけは避けなくてはいけません。退職にも手順があり、現在のプロジェクトに迷惑を掛からないように退職するように心がけましょう。

 

そこで、退職をしたい場合はどんなに遅くても一ヶ月前には申告するようにしましょう。退職申告が遅いため退職希望時期がずれてしまったり、引継ぎがスムーズにできなかったために有給消化中の出社を余儀なくされる場合もあります。

 

有給休暇の消化や引き継ぎに要する期間などを計算し、余裕を持って一ヶ月~二ヶ月前には申告するのが理想です。

 

退職の引き留めがあった場合には?

基本的に、会社としてはコストをかけて採用し育成してきた人材を、そうやすやすと手放したくはないものです。無能な社員でない限り引き留めに合う可能性の方が高いですし、色々な打開案を提示してきます。

 

しかし、「自分のためにそんなに考えてくれるなら」と承諾をしてしまっては意味がありませんよね。

 

引き留めは退職を考え直すキッカケにはなりますが、自分のキャリアビジョンとしては本当にそれが最適なのかどうかをしっかり見定めましょう。

円満退社の仕方 記事一覧

退職を上司に申し出るとき、困るのが退職の理由ですよね。職場への不満や人間関係について正直に言うわけにもいきませんし、できることなら上司からの評価を下げないまま、円満に退職をしたいと...

退職が決まったら、やることはたくさんあります。引き継ぎ、資料の作成、身辺整理など、そして、クライアントへの挨拶も。どのタイミングでどのように伝えればいいのか?実際に会社に伺った方が...