転職エージェント裏事情

転職挨拶状を上手に書く3つのポイント

転職が決まったら、必ず用意したいのが「転職挨拶状」です。

 

転職挨拶状を出すことは、今までお世話になったクライアントへの最低限のマナーです。しかし、どのように書いたらいいのか?送ったらいいのか?わからないという人も多いかと思います。

 

そこで、転職挨拶状の基本とマナーについてまとめました。

 

転職挨拶状を送るタイミング

転職挨拶状はその名の通り、転職が決まり退職することを取引先にお知らせするものです。

 

退職が決まってから引き継ぎなどで報告する機会はありますが、出来る限り書面で感謝の気持ちを伝えるようにましょう。きちんと筋道を立てておくことで、転職先で改めて対峙した時により円滑に仕事ができます。

 

なお、転職挨拶状を送るタイミングは最終出勤日の一週間前を目安に送りましょう。

 

転職挨拶状にはどんな内容を書けばいいの?

挨拶状というと少し堅苦しいようにも感じますが、今までの感謝を伝えるものですので感謝の気持ちや送り先の方とのエピソードなどを入れるといいでしょう。

  • 挨拶
  • 退職日に関するお知らせ
  • 今までの感謝の気持ち
  • 後任者の紹介
  • 退職後の予定と挨拶

ポイントとしては、後任者の紹介の際に今の会社と変わらぬご愛顧をお願いすることです。きちんと後任へのバトンタッチを行うのが礼儀です。

 

これだけは気を付けておきたい注意事項

転職挨拶状の内容には細心の注意を払いましょう。内容によってはトラブルにもなりかねません。特に転職先の記入に関しては、在職している会社の上司に確認を取ってからにしましょう。

 

前向きで円満な退職の場合でも、顧客を取られてしまうのでは?顧客を丸ごと連れて転職するのでは?というあらぬ疑いを掛けられてしまっては、せっかくの門出が台無しですよね。

 

特に同業種間の転職の場合は、より一層デリケートな問題です。企業によっては雇用契約の中に同業種間への転職に関する記載がある場合もありますので、転職先は明記せずにおくのが無難ともいえるでしょう。

 

また、仮に転職のご挨拶をメールで送る場合には、一斉送信せずに必ず1通ずつ送るのがマナーです。感謝の気持ちをしっかり伝えて、次のステップに進みましょう。