転職エージェント裏事情

上手な求人の探し方

できれば、転職活動期間を無駄なく上手に使って新しい活躍の場を確保したいですよね。そこで、効率的で上手な転職活動の進め方と求人の探し方についてまとめました。

 

情報収集
まず最初にしたいのは情報収集です。転職希望業界の動向や、求人傾向などをチェックするにはまず求人サイト・転職エージェントへの登録が近道です。

 

どのような企業や業種の求人が多いか直接見ることができますし、都度求人の更新でどのような企業が求人を出しているのかがわかります。

 

特に異業種への転職希望は念入りに情報を集めることが重要なポイントになります。知識が少ないと職種へのイメージも湧きません。面接での質疑応答にも役立つのでしっかりと調べておきましょう。

 

転職活動計画を立てる
情報がある程度揃ったら、転職活動計画を立てましょう。全てがその通りにいくわけではありませんが、プロジェクト同様期限を決めて動くことでだらだらと転職活動期間が延びてしまうのを防ぎます。

 

求人に応募してみる
計画を立てたら求人サイトをチェックし、興味のある企業に応募をしていきましょう。転職活動期間を入力し、進捗管理ができるサイトもあるのでサポートシステムが充実している求人サイトに登録をおすすめします。

 

求人サイトは大手2社、中小1,2社(業種専門サイト)の登録が一般的です。

 

転職支援のプロの手を借りる
全て自己管理するのに自身が無い人や、在職中で時間が取れない人は転職エージェントに進めてもらうといいでしょう。

 

転職エージェントサービスは転職活動のプロです。効率的に動くことができるだけではなく、希望のスケジュール通りに進める手助けもしてくれます。

 

情報収集しスケジュールを決めたら、希望の条件と合わせて転職エージェントに伝えればその期間内で内定が取れるように調整・求人の紹介もしてもらえます。

 

上手な転職活動の進め方、求人の探し方は自分のライフスタイルや使える時間で適宜変更していくのが最も効率的に動くことができます。

自分に向いている求人が見つかる3ステップ

「キャリアアップしたい」「今よりもいい条件で働きたい」、転職をしたいと考える人にはそれぞれの思いがあります。

 

どんな職種が自分の生涯の仕事になるのか、本当に自分に合っている職種はなんなのか気になりますよね。今回は本当に自分に合った仕事の見つけ方を紹介します。

 

求人 探し方自己分析をする

 

転職エージェントや転職サイトで必ずあるのが、自己分析です。

 

新卒での就活時に自己分析をした方が多いと思いますが、それから数年が経ちキャリアも積んできています。新卒の頃とは考え方や価値観も変わってきているので、新たな気持ちで自己分析をしてみましょう。

 

しっかりと自分を見つめることで、市場価値が見え、何ができるのかがハッキリとしてきます。自己分析が苦手な人は転職エージェントに相談するのもいいでしょう。

 

求人 探し方希望条件をピックアップする

 

求人をチェックする際に、注目しているのが「条件」だと思います。給与、休日、待遇、福利厚生など…絶対に譲れない条件を3つまで絞りましょう。あまりにも条件が多いとマッチする求人も少なくなり、選択肢が限られてしまいます。

 

「これだけは譲れない」という条件をピックアップしておくといざ、どの企業に行くか悩んだときの指標になります。

 

転職エージェントを活用する場合、その条件を優先してもらえたり、企業に交渉もしてもらえるのでキチンとメモにまとめておくといいでしょう。

 

求人 探し方自分が得意なことを知る

 

好きなものほど上手なれ…ということわざがありますが、好きなこと・ものが本当に得意かどうかというのはわからないものです。苦手だと思っていたことが実は自分の才能だったり、できないと思っていたことは実はできていたりということは多々あります。

 

「できること」と「好きなこと」をしっかりと切り離して分析することが、自分に合った求人を見つけるポイントになります。自分に合った仕事・求人を見つけるには、まず自分を知ることです。しっかりと自己分析し得手不得手を認識しましょう。

魅力的に見える求人を上手に比較する方法

自分に合いそうな求人をいくつ見つけた場合、その魅力的に見える求人を比較するとき絶対に「忘れてはいけない」項目があります。

 

1社に固執しない
転職活動をしている中でついやってしまいがちなのが、1社に絞って行動してしまうこと。もちろん、本命の企業や業種というのがあり自分の希望に合う企業を優先したいの気持ちはわかります。

 

しかし、1社に絞ってしまうとデメリットが。

  • 条件交渉ができない
  • 市場価値を安く設定されてしった場合気づけない
  • 落ちた場合、また1から時間をとらなくてはいけない

数社内定が出ていれば、条件交渉をしやすいだけではなく不採用になった場合の保険にもなります。必ず数社同時進行で進めましょう。

 

現在の待遇との比較方法
現職に物足りなさ、もしくは不振・不満が募り転職する人もいると思います。次のステップに進むために先を見据えているので、「あるべきもの」を見落としてしまいがちです。

 

現在受けている福利厚生や待遇を今一度見直し、応募企業の求人情報と比較しておきましょう。

 

特に休職についてはチェックしましょう。特に女性は出産・育児休暇の有無は今後のキャリアプランに大きく影響します。

 

何が何でも妥協しないのはNG
自分のスキルや経歴を棚上げし、企業に100%の待遇を求めているといつまでも内定が決まらずに時間を浪費してしまいます。

 

しかしながら、転職するからには現在よりもいい条件や待遇を希望しますよね。そこでチェックリストを作るのがおすすめです。

  • 絶対に譲れない条件
  • あったほうがいい条件
  • ないよりはあったほうがいい条件

仕事内容、雇用形態、給与、休日休暇、通勤エリア、職場環境、社風といった項目の中から3つの条件をピックアップしていくと自分が本当に求めいている条件が明確になります。

 

妥協しない、という見出しですがマイナスな意味ではなく転職活動をより動きやすくするためのコツになります。チェックすべき項目を忘れずに、抜け漏れのないようにするのが成功の秘訣です。