転職エージェント裏事情

良く見ると見えてくるブラック企業の法則

常に世の中で出される「ブラック企業」という単語。最近はそこらじゅうでよく聞く言葉になった気がします。

 

転職を考えている人の中にも、現在進行形でブラック企業にいるから転職をしたい!という人もいれば、ブラック企業には捕まらずキャリアアップしたいという人もいますよね。

 

しかし、それでもそんなブラック企業の中で働いている人がいるのも事実です。そんなブラック企業には意外とある共通点があります。

ブラック企業の求人広告のあるある

「頑張れば年収~万以上!」よく見かけるこのフレーズ、頑張れば稼げるんだと思ってしまいますが、フタを開けてみると歩合やフルコミッションになっていたり…。

 

特に日本はひとつの企業で長く働き続けることが終身雇用がベーシックですので、この謳い文句を使う企業としてはガンガン稼いでダメになったら捨てればいいという考えの企業が多いのです。

 

企業としては身軽に稼いで来てくれる人が欲しいのは分かりますが、せめて日本の基本を変えてからにして欲しいと願います。同じように、大体この言葉を使っている企業は転職サイトに常駐しているか、定期的に広告を出しています。

 

気になる業界の転職情報は転職前から見ておくと、このブラック企業の判別もし易くなります。

役員が全員家族な同族会社ってブラック?

「アットホームな職場です」と書かれていて、いざ入社してみると社長から幹部まで親族だったというケース。同族経営は基本的にブラックが多いと言われています。理由は歯止めとなる人がいないからです。

 

そのため社内のお金の流れは見えにくくどのように使われているか分からなかったり、社長の意見ばかりが押し通ったりとあまり良いことはありません。

 

また、この手の会社は社長の変わり目が企業カラーの変わり目です。前社長は社員のことをよくわかっていたけど、今の社長は何も考えていない、なんてよくある話です。

 

「3代目で会社は潰れる」という言葉もあるくらい、同族経営は難しいものです。

ブラック企業は一日にしてならず

このようにブラック企業になる原因はもともと企業内に実在していますので、しっかり注意をしておけば踏み込むことを避けることも可能です。

 

悲しいかな、転職する人が望むホワイト企業は居心地がよすぎて席が空かない、という点がブラック企業を加速される原因の一つになっていることも事実です。

 

しかしながらホワイト企業であってもの定年する人がいれば必ず席は空きます。間違ってもブラック企業に捕まらないように、転職する予定がある人は常にアンテナは張っておきましょう。

会社訪問で見えてくるブラック企業の裏側

転職を考えたときに一番悩むのは、その会社はどんな社風ではたして自分に合うだろうかということだと思います。

 

そのような会社の雰囲気や企業体質は求人情報からはなかなか手に入りません。応募候補の会社に勤めている人から直接話を聞けたら良いのですが、一番の判断に繋がるのはやはり自分です。

 

そうなるとやはり、働く場所くらいは事前に自分の目で確認しておきたいところです。

キレイ・整理整頓は基本のキ!

会社を訪問したら必ずチェックしたほうが良いといわれるのは、整理整頓や掃除が行き届いているかということです。

 

仕事場で普段は来客がないところでも、転職者もその時点ではまだお客様です。そのような仕事場に将来性を感じるか、しっかり考えましょう。

 

また、トイレは見るだけでなく、行くだけでも色々知ることができます。たとえば、トイレに行くときにすれ違った社員の人の表情はどうか、トイレの場所をたずねたら丁寧に教えてくれるか、など一般的はサービス業では当たり前のことも重要です。

 

いくら求人広告を言葉で作ろうと、表情や雰囲気、社風、組織文化と言ったものをごまかすことはできません。

会社訪問は転職者も試されている!

会社訪問は転職者ばかりにメリットがあるわけではありません。

 

訪問したときに応募者のマナーがなっているか、他の社員の人たちからは本当にこの人と一緒にやっていけるだろうか、と色々な視点から見られているのです。

 

また、アポイントの取り方や訪問時間についての配慮など、社会人として気にするべきところもしっかりと見られるので、必ず余裕を持って準備しましょう。

双方にメリットが見られる会社訪問

このように、会社訪問は双方にメリットがありますので、人材を見定めるという意味でももう一度面接が追加されたとも考えられます。

 

しかし、実際に会社訪問ができるタイミングは内定をもらうときなど転職者に有利な場合が多く、会社側としては受け入れにくいのかもしれません。

 

それでも会社訪問を許してくれる、もしくは面談後に案内してくれる企業は、転職者とのマッチングを本当に考えてくれる良き企業とも言えます。

 

転職エージェントを利用すれば会社訪問の機会を作ってもらえる可能性が高くなりますので、マッチングミスが不安な人はぜひ転職エージェントを利用して会社訪問をしてみましょう。