転職エージェント裏事情

甘い求人にはご用心!これがブラック求人だ!

数多くのブラック企業の求人があるといわれるハローワークに、いよいよ2016年3月からブラック企業の求人を拒否できる制度がスタートしました。

 

もともと転職をしようと考えている人はあまり縁がないものかもしれませんが、国が対策をとるということは今後民間の動きも期待できるようになりました。

 

とはいえ、これはまだ始まりでしかなく、自分自身で見極める力がなければブラック企業がいつ新たな手を使って求人を出してくるかわかりませんので、ある程度のどのような手法で求人を出しているかだけは知っておきましょう。

求人も甘い言葉には要注意!

どんなものでも言われることは、甘い誘い文句には注意です。特によく使われるのは残業なし、未経験歓迎、アットホームな職場という謳い文句を大きく出している企業は危険度が高いです。

 

これらの言葉は若い人を集めるための検索ワードとして使われている場合が多く、絶対に使われていないとは言えません。しかし、企業を紹介するような欄で使われている場合は注意しましょう。

一目見てどんな仕事か分からないものは危険信号

インターネットなどで求人情報を探しているとき、概要だけではイメージがわかず、この会社どんなところだろうと思って開く求人はありませんか?内容が分からないから開いてみた、というだけのことで、あまり気にしないかもしれないですがこれは要注意です。

 

しっかりした会社ならば、一覧でもどのような会社か最低限は分かるように心がけていますし、そのようなところで無駄な時間はかけさせません。

 

さらに求人詳細を開いて内容から仕事内容が分かりにくい場合は、ブラック企業の可能性がありますので深追いせずにやめたほうが無難です。

 

企業で働く以上、私たちが本来欲しいのはどんな会社でどんな仕事をしているか、どういう事業展開をしているかということであり、雰囲気等は所詮飾りです。飾った姿ではなく、本来あるべき姿を見せてくれる求人こそ、転職をする人に優しい会社なのです。

入るのが簡単そうなところ?それとも難しそうなところ?

転職をしたいからといって採用の難易度が低そうな企業を選ぶのはオススメしません。本当にその企業に入りたい人はどんなに厳しい入り口でも挑みます。

 

そして、挑むことは誰でも可能なのです。気になるならとにかく履歴書だけ送ってみる、それだけでもいいのです。自分を安く見ず、どんどん挑戦してみましょう。自分の値は自分が決めるものです。