転職エージェント裏事情

転職エージェントおすすめランキング

甘い求人にはご用心!これがブラック求人だ!

ブラック求人

 

数多くのブラック企業の求人があるといわれるハローワークに、いよいよ2016年3月から“ブラック企業の求人を拒否できる制度”がスタートしました。

 


労働関係法令違反があった事業所の 新卒求人は受け付けません!自己申告書(厚生労働省)
ハローワークで求人を受け付けないものは、労働基準法および最低賃金法に係る規定に違反した企業が対象で、「過去1年間に2回以上同一条項の違反について是正指導を受けた場合であって、是正が行われていないとき又は是正後6ヶ月経過していないとき」「対象条項違反により送検・公表された場合であって、送検から1年経過していないとき又は是正後6ヶ月経過していないとき」「男女雇用機会均等法及び育児・介護休業法に係る規定の違反について、法違反の是正を求める勧告に従わず、公表された場合であって、是正が行われていないとき又は是正後6ヶ月経過していないとき」などに適用されます。

 

ハローワークを利用しないで転職をしようと考えている人はあまり縁がないものかもしれませんが、国が対策をとるということは今後民間の動きも期待できるようになりました。

 

とはいえ、これは行政としての対策のまだ始まりでしかなく、ブラック企業がいつ新たな手を使って求人を出してくるかわかりませんので、ブラック企業はどのような手法で求人を出しているかについて自分自身で見極める力が必要です。

求人も甘い言葉には要注意!

昔からどんな世界でも言われていることですが、甘い誘い文句には注意が必要です。特によく使われるのは、「残業なし」「未経験歓迎」「アットホームな職場」などという謳い文句を求人票で大きくアピールしている企業は危険度が高いようです。

 

これらの言葉は若い人を集めるための検索ワードとして使われている場合もおおいのですが、企業内容を紹介するような欄で誇大に使われている場合は注意しましょう。

一目見てどんな仕事か分からないものは危険信号

転職サイトなどで求人情報を探しているとき、会社概要だけではイメージがわかず、この会社どんなところだろうと思って開く求人はありませんか?

 

あなた自身は内容が分からないから開いてみただけのことで、あまり気にしないないかもしれませんが、実はコレ要注意です。

 

本当に優秀な人材を求めている会社ならば、たとえ求人一覧であっても会社概要はわかりやすく魅力的に掲載するように心がけていますし、求職者に無駄な時間はかけさせないものです。

 

さらに、求人詳細を開いてもその内容から仕事内容が分かりにくい場合は、ブラック企業の可能性がありますので深追いせずにやめたほうが無難です。

 

転職をする際に私たちが本来欲しい情報は、どんな会社でどんな仕事をしているのか、どのような事業展開をしているのかということであるはずです。

 

たしかに企業イメージも大切なことは間違いではありませんが、それが最も高い優先順位ではないはずです。飾った姿ではなく、本来あるべき姿を見せてくれる求人こそ、転職をする人に優しい会社なのですよ。

入るのが簡単そうなところ?それとも難しそうなところ?

どうしても転職をしたいからといって採用の難易度が低そうな企業を選ぶことだけはオススメしません。本当にその企業に入りたい人はどんなに厳しい入り口でも挑むはずます。チャレンジすることは誰でも可能なのですから。

 

気になる求人を見つけたら尻込みせずにとにかく履歴書だけ送ってみる、それだけでもいいのです。自分を安く見ず、どんどん挑戦してみましょう。自分の価値は自分が決めてみてもいいのではないでしょうか。