転職エージェント裏事情

40代からの転職で成功する方法

20代や30代と比べれば、40代の転職は極めてハードルが高いと言わざるを得ません。中には、仕事は選ばず「転職先があるだけ良い」というような状況の方も出てくる思われます。

 

一方で、これまでの経験や保有スキルが特異であればあるほど、転職は楽にできると思います。

 

40代でありながら希望する企業に転職しようとすれのであれば、当然のことながら即戦力であることが求められますし、後進の指導にもあたる必要がありますので部下指導力やマネジメントスキルも求められます。

 

こういう現実を踏まえたうえで、40歳を超えた方が転職に成功するためには下記のような対応をすることが必要になります。

 

20代30代なら特異な経験やスキルを身につける!

特異なスキル等があれば、年代に関係なく仕事が見つかります。誰しもいつかは40代に突入します。また、昔と違い、現在はいつクビを切られるかわからない時代です。
その時に備え、労働市場での自身の価値を高めるにはどうすれば良いのか、常に考えておきたいものです。

 

40代ならとにかく数多く応募する

20代や30代と違い、書類選考へ応募してもなかなか面接へと進むことができないという状況です。また、面接へと進んだとしても採用される可能性は、他の世代よりも低くなると考えるべきでしょう。とにかく多くの企業へ応募することが成功への近道です。

 

残念ながら日本企業の多くは、未だ年功序列型であることは否めません。つまり、年次の上の人たちへの給料は、若い人が稼いできたお金が配分されているというのが現実です。同一労働同一賃金ではなく、組織の仕組みへの貢献度に応じて給料が支払われていると考えるのが現在の認識ではないでしょうか。在職期間の長い人の高い給料を、年次の浅い人たちの安い労働力で賄うという構図です。